NEWS

  1. ホーム
  2. NEWS
2021.02.05
乳歯遺残について

乳歯遺残とは、永久歯が生えているにも関わらず乳歯が抜けずに残っていることをいいます。  

 

本来、永久歯が生える過程で乳歯を押し出して乳歯が抜けるはずが歯並びが悪いために乳歯が残ったまま永久歯が生えます。

特に顎の小さい小型犬にみられます。

 

 

乳歯を残したままにしておくと、乳歯と永久歯の間に汚れが溜まりお手入れがしにくかったり、歯石を形成したり、歯と歯がぶつかり痛みを生じたり、口の中を傷つけてしまったり…。乳歯を残していてもあまりメリットはありません。

 

 

写真のチワワさんは乳歯(青い矢印)の内側に永久歯(緑の矢印)が生えてきた為、乳歯が残ってしまっています。 

前歯まで残ってしまうことは珍しいですが、顎が小さいと写真のような歯並びになることがあります。

 

 

当院では避妊去勢手術の際に乳歯の確認をして、残っていたら手術と一緒に麻酔下で抜くことをおすすめしています。

 

避妊去勢手術をしなくても乳歯抜歯のみの処置も行っております。(気になる方はお気軽にご相談ください)

 

 

松田


2021.01.26
Happy Birthday🎂


先日、1月23日は私の母の誕生日でした。

 

一週間前から、母に内緒で姉とケーキを予約し、当日は姉が母のリクエストのビーフシチューを作ってくれました。

 

母には迷惑をかけることが多いですが、これからも元気でいて欲しいです.*・゚

 

土田


2020.12.31
年末のご挨拶

今年一年、新型ウイルスに翻弄されてしまいましたが、私共スタッフ一同、何とか元気に乗り切ることができました。

皆様にもマスク着用、診察室での人数制限などのご協力をありがとうございました。

今年は長くお付き合いいただいた多くの動物たちとのお別れがありました。今、みんなの可愛い顔や優しい飼い主さんお一人お一人の笑顔が目に浮かびとても寂しい気持ちになります。

また一方、新しくお付き合いしていただける動物たちも増えました。来年もみんなのために引き続き頑張って行こうと思います。

 

年末を迎えようやく富士山が雪化粧をしました。

来年はコロナが収まり良い年になることを期待します。

皆様もどうぞ素晴らしい新春をお迎えください。

12月31日 院長・足立

 


2020.12.15
年末年始のフード、お薬の注文について

年末のフードの注文は12月25日(金)までにお願い致します。年始は1月4日(月)から注文をお受けします。

 

お薬は当院の在庫分につきましては12月31日(木)の午前中まで処方可能ですが、あらかじめ在庫確認をお電話でお願い致します。


2020.12.05
🎄🎁

 

こんにちは!!

 

12月に入り、だんだんと寒さが本格的になってきましたね

朝はとても冷え込むのでお布団から出るのが大変です😅

 

今月のイベントはクリスマス!!

ということで、当院の前のトリミングルームも少しですが飾りつけをして、クリスマス仕様になっています🌟

 

ご来院の際は是非ご覧ください🐾

 

早いもので今年度も残すところあと1ヶ月

わんちゃんねこちゃん達が寒くて冷えてしまわないように、温度調節などをしてあげて、

一緒に、あったかく、ぬくぬくとしながら年末をお過ごし下さい😊

 

北澤


2020.10.27
HappyHalloween🎃

こんにちは、秋も終わりに近づき冬がやってきますね!

 

我が家では少し早めにハロウィンを楽しんでおります!

マントを着けたゴースト犬にイタズラされないようにおやつをプレゼント🎁

皆さんもハロウィン当日、オバケにイタズラされないように気を付けてください!笑

 

高田

 

 


2020.10.09
しつけ教室開催

小田原市 小田原獣医師会共催の子犬対象のしつけ教室を開催します。

11月15日(日)

小田原市役所駐車場にて

参加費 2000円

申し込みは小田原獣医師会会員病院でお願いします。

詳細は画像をご覧ください。


2020.09.24
キューちゃんカット第2段!

9月下旬にしてようやく秋が訪れましたね🍁

 

先日、キューちゃんのトリミングをしてきました。

今回は思いきって足と耳を刈り上げ、羊カット🐑にしてみました❗

作業してる間は鶏🐔の足にしか見えず、「失敗した」と焦りましたが、全体を揃えていくうちに、ちゃんと羊🐑に見えてきました。

 

キューちゃんは毛量が多く伸びるのも早いため、1か月後にはモジャモジャになってしまいます。また来月どんなカットにしようか楽しみです。

 

松田


2020.09.16
こんにちは☺︎

陽が沈む時間が早くなり秋を感じるものが増えてきました!!

不安定な天気なので傘をさしたり、閉じたり、持ち帰るのを忘れてしまわないように気を付けています。 

気温差も感じられるので皆様も体調にお気をつけて、わんちゃん、猫ちゃんなどと楽しい日々を過ごしてください😊

 

伊藤


2020.08.18
ノミ、マダニについて


猛暑の中でもノミやマダニは活発に動いています。

草むらに身を潜めわんちゃん、ねこちゃんが来るのをじっと待っています。

 

ノミは一度寄生すると体中駆け回り、吸血・産卵をはじめます。痒みが生じ、アレルギー性の皮膚炎、湿疹、寄生する数が多いと稀ですが貧血を起こすこともあります。

 

 

マダニはノミのように動き回るのではなく、皮膚に口を食い込ませて抜けないような体勢をとりつつ、吸血します。マダニもノミと同様、寄生する数が多いと貧血を起こすことがあります。

一度皮膚に噛みつくと満足に血を吸い終わるまで絶対に離れません。無理に引っ張ると頭と胴体がちぎれ、頭が残った部分の皮膚に異常をきたします。

わんちゃんねこちゃんの場合、薬を使い駆除するか器具を使って頭が残らないように取り除きます。

人に寄生した場合、皮膚を切り開いて頭が残らないように皮膚ごと切り取る処置をするようです。

突然できたイボが膨らんできたらそれはもしかするとマダニかもしれません。

 

 

また、ノミやマダニが持っている寄生虫・病原体がわんちゃんねこちゃんだけでなくわんちゃんねこちゃんを通じて人にも移ることがあります。

特にマダニは時に人を死に至らしめる恐ろしい病原体を持っています。ニュースでもとりあげられている「SFTS」がもっとも死亡率が高い病気です。

 

わんちゃんねこちゃんのためだけでなく、人のためにもノミ、マダニ予防は大切です。

 

松田

 

 

写真:吸血して自ら犬の体を離れたマダニ(本来は3ミリほど

  の大きさ)

  


私たちは、まず動物たちの不安感や
心の痛みを取り除くことから治療をはじめます

お気軽にご相談・ご来院ください

PAGE TOP