NEWS

  1. ホーム
  2. NEWS
2021.07.22
犬の椎間板ヘルニア*内科的治療入院22日目*

当院で治療していた椎間板ヘルニアのわんちゃんです。

リンク動画は手術なし内科的治療のための入院22日目の様子です。

しっぽに注目してください…!

動画リンク(外部サイトyoutube)https://youtu.be/SuZZmofDg0o

 

治療は同じく毎日の投薬とレーザー照射。並行してダイエットも継続中です。

前回の動画撮影時頃から徐々にしっぽを振れるようになりました。

ご飯のときやスタッフが声をかけた時など、しっぽで感情の表現をしています。

直ぐに元通りにとはいきませんが、このように変化が現れると私たちスタッフも非常に嬉しくなします。

 

次回の更新ではどのような良い変化を見せてくれるでしょうか!

引き続き是非ご覧ください。

 

動物看護師 小島


2021.07.09
犬の椎間板ヘルニア*内科的治療入院15日目*

当院で治療中の椎間板ヘルニアのワンちゃんです。

リンクの動画は手術なし内科的治療のための入院15日目の様子です。

動画リンク(外部サイトyoutube) https://youtu.be/TqoemkRcRCo

 毎日の注射とレーザー照射を続けています。

まだ大きな良化傾向はみられません。

 

このようなわんちゃんたちは下半身がベタ付きのままなので、排泄物でお尻がかぶれることがあります。

負担にならない程度で適宜シャンプーを行い、清潔に保つようにしていきます。

 

また、やや体重過多だったので、入院開始時よりダイエットフードへ切り替えて減量にも取り組んでいました。

順調に体重が落ちてきています。

肥満は足腰への負担はもちろん、心不全、肝不全、尿石症、糖尿病、膵炎、呼吸トラブルなどの要因にもなるといわれています。(万病の元…!)

肥満の個体と平常体重の個体では平均2年も前者の方が寿命が短いというデータも出ているようです。

健康で長生きしてもらうためにも、日ごろの体重のコントロールは重要です。

 

次回の更新から良化の兆しが見られます!

是非ご覧ください。

 

動物看護師 小島


2021.07.05
七夕

やっと梅雨がやってきました。先日の大雨とてもひどかったですね…皆様は大丈夫でしたか?

 

7月といえば七夕🎋ですね!織姫様と彦星様はいつになったら再会できるんでしょうか…毎年晴れることを祈っております

皆様はどんな願い事をしました??

当院では今年もスタッフそれぞれの願い事を短冊に書いて飾っておりますので、待ち時間の合間などよろしかった見てみてください!(*^^*)

 

高田


2021.07.01
犬の椎間板ヘルニア*内科的治療入院5日目*

当院で治療中の椎間板ヘルニアのワンちゃんです。

リンクの動画は手術なし内科的治療のための入院5日目の様子です。

毎日注射とレーザー照射をしていますが、まだほとんど改善は見られなく、初日より症状はさらに悪化しています。

まだ焦らずに治療を続けなくてはなりません。

動けない状態に慣れたのか、前肢だけで移動はできるようになりました。

元々明るい性格のワンちゃんで、表情も初日より良くなりました。

この時点で飼い主様は「こんな状態で本当に良くなるのだろうか?立てるようになるのだろうか?手術が必要なんではないか?」と不安で質問をぶつけて来られます。

しかし「きっと立てるようになります!大丈夫です!」と申し上げるしかありません。

私たちと飼い主様との強い信頼関係がなければ成り立たないリハビリ治療となります。

このような深部痛覚が消失してしまった動物の場合、一般的に獣医学では緊急手術の対象であると言われています。

しかし今までの経験の中で、手術を行いリハビリを行った症例の中でも車いすの生活になったり、後遺症が残ってしまった子が数頭います。

内科治療を選択した子の中で回復しなかった子は思い出せる限りいません。しかも、その後の再発もありません。

手術治療で回復する子も多いですし、手術を否定する訳ではありませんが、できるだけメスを入れずに回復してもらえることが最善であると考えます。

 

下半身が床にベタ付きになるので、おむつを付けました。

より良い動物看護のため、日々改善です。

 

引き続き改善の様子を更新していきます。

次回のブログも是非ご覧ください。

 

動画リンク(外部サイトyoutube)https://youtu.be/dmBUpy0dlic

 

動物看護師 小島


2021.06.24
犬の椎間板ヘルニア*内科的治療による良化の様子*

当院で治療中の椎間板ヘルニアのワンちゃんの改善の様子を定期更新致します。

今回紹介する患者さんは椎間板ヘルニアで、手術なし内科療法によって治療しています。

内科療法は安静が必要なため長期入院が絶対的に必要となります。

動画は入院1日目の様子です。

両後肢の不全麻痺、深部痛覚(強度の痛みを加えて起こる痛覚)も消失しています。

毎日の投薬とレーザー照射で治療開始しました。

どのように改善していくか次回以降の更新も是非ご覧ください。

 

動画リンク(外部サイトyoutube)https://youtu.be/wIJKk50BBp0

 

動物看護師 小島


2021.05.20
ツバメ

朝、西側駐車場の掃き掃除をしていたら

ツバメのヒナの元気な鳴き声。

巣を見上げると

5、6羽の小さな赤ちゃんツバメが顔をのぞかせていました。

親鳥もせっせと餌を運んでいます。

赤ちゃんツバメが、カラスなどに襲われる事なく

皆元気に巣立ってくれるといいですね。

巣立ちの日まで見守りたいと思います。

川田


2021.05.04
暖かくなってきました☺︎


過ごしやすいきせつになってきましたね☺️

 

最近は愛犬のまろと少し遠くの公園にお散歩をしに行くことがマイブームです!

私の犬の犬種はマルプーなのですが、病院にくるマルプーちゃん達と比べると、2倍くらい違い本当にマルプーなのかなと疑う時もあります😅

ダイエットも兼ねたくさんお散歩をしています。草むらにも興味があり、虫なども出てきたので予防バッチリでスリムな体型を目指しています😁

コロナがおさまったら、もっと遠くにお散歩にいきたいですね😁


2021.03.19
春ですね🌸


3月なのに寒い日が続いておりましたが、最近は暖かい日が多く、気持ちも明るくなりますね😌

春は大好きな季節なのですが花粉症なのか、うさぎアレルギー(最近発覚した)なのか…わからないですが目がとても痒くくしゃみがたくさんでるのだけが少しつらいです😂

うちの猫たちはポカポカ温かい電気毛布が大好きで、敷いてあげるとみんなでくっついて大集合します。

日中は暖かいですが朝晩は冷えるのでまだまだこの電気毛布が活躍しそうです🙌

猫たちが仲良くくっついてる姿を見るとわたしも笑顔になります🐱🐱🐱

 

*工藤*


2021.03.01
のり平~里親会から譲り受け1年~


動物看護師の小島です。

花粉症なので毎日少し辛いです🌼😷

天気がいい日が続いているので、早く気持ちよく窓を開けたいです。

 

我が家では昨年のちょうど今頃、近所の里親会から推定3歳の猫を引き取りました。

先住のおばあちゃん猫がいたのでトライアル期間もしっかり設け、二頭の相性も考慮し本当にしっかり飼っていけるかよく考えてお迎えすることを決めました。

今は2頭つかず離れずぼちぼちでやっていますが、さすが先住、強い。

猫界でも女性は強いのでしょうか。

 

お迎えした子の名前はのり平。

鼻に「ノ」の字の模様がある為、元親さんが「のり平」と名前を付けてくれていました。

のり平顔(何だそれ)のため、特に名前の変更もせずそのまま呼んでいます。

臆病で優しくて食いしん坊のぶさかわ男の子です。

 

保護されたときは、喧嘩をして瀕死の状態だったそうですが、今は完全室内飼育でのんびり過ごしています。

去年の冬はどんなに寒い思いをしただろう、夏はどうやって暑さをしのいでいたのだろう、お腹を空かせていたんだろう、弱虫で他の猫にいじめられていたんだろうと考えると、胸が痛みます。

 

最期にはうちの子になってよかったなと思ってもらえるように、猫様に仕えたいと思いますฅ•ω•ฅ

 

小島


2021.01.26
Happy Birthday🎂


先日、1月23日は私の母の誕生日でした。

 

一週間前から、母に内緒で姉とケーキを予約し、当日は姉が母のリクエストのビーフシチューを作ってくれました。

 

母には迷惑をかけることが多いですが、これからも元気でいて欲しいです.*・゚

 

土田


私たちは、まず動物たちの不安感や
心の痛みを取り除くことから治療をはじめます

お気軽にご相談・ご来院ください

PAGE TOP